家の外壁にこんな症状が現れたら塗り替えのサイン

外壁塗装の時期と塗り替え時期の目安

外壁塗装の時期と塗り替え時期の目安

外壁塗装の時期は、お住まいの地域の気候や空気環境、住宅の築年数、外壁に使用されている素材などにより、タイミングを見極めることが肝心ですね。外壁の耐用年数は、その住まい環境の気候、つまり気温や湿度によっても格差が生じることもあります。

 

外壁塗料のカタログなどを見ると、注意点として湿度が80%以上、または気温が5度以下の天気の日には、できるだけ外壁塗装を避けたほうが良いと記述されていることもあります。とくに、寒い地域にお住まいの方は、外壁塗装の施工を行う日にも、十分な配慮が必要となります。凍結などによるトラブルが発生しやすいので、できるだけ温暖の気候の時期に行うことです。外壁塗装は、地域や住まいのタイプなどによっても、使用する素材に違いがあり、塗り替え作業を行う頻度や時期などにも、さまざまな違いが出てくることと思います。

 

外壁塗装は、前回の作業から7年後にした方が良い、といった判断は素人ではなかなか難しい部分もありますので、外壁塗装専門の業者にチェックしてもらうと良いでしょう。わたしたち人間は、ある程度の年齢を重ねていくと、体が老化して病気にかかるリスクが高くなります。住まいもそれと同じで、築年数が古くなるにつれて、老朽化するので、外壁塗装やリフォームが必要になってきます。

 

外壁塗装の時期はいつ頃が良いのか、そして、塗り替えの時期の目安については、使用する外壁の素材によっても、塗り替えの時期に格差が生じることがあります。信頼性の高い外壁塗装業者に相談しておくと良いでしょう。